「健太郎との出会い 前編」ダイゴブログ♯9

PVランキング1位
キープ中 !!

次に狙うはクリックランキング!
今日も下の画像をクリックして応援宜しく!にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
どーも!ピースジャーニーのダイゴです!
ここ数日、また天候が安定しない日が続いております。
という訳で、本日も仕事は休み。

それはいいんだけど

うん、暇だねぇ…

雨だから外も出る気になんないし、まぁWi-FiあるからYouTube見ててもいいけど、すぐ飽きるしな〜

こんな退屈な日に誰かいい暇つぶしあったら教えてくださいッ!

いつもピースジャーニーメンバーは寮でそれぞれ好きな事して過ごしてるんだけど、

最近俺は料理にハマりつつある

ヨシも健太郎も美味そうに食べてくれるから、作ってて気分がいいし

元々料理するのは好きなんだけど、今回旅し始めてからますます料理好きになったかも

調子こいてきたらそのウチ旅メシ動画でもやろーかな?笑

去年もHappy Hokkaido kitchen という名前で活動してる梶くんの所で何度かバイトしたんだけど、それが今まで経験した事ない感じでめっちゃ楽しかった!

この人は、キャンピングカーでパートナーのマキちゃんと、最近入ったケイスケ、それにバブとナッツっていう犬達の5人で全国のイベントを露天商としてラウンドしてる人で

メニューは玄米チャーハンとかパッタイ、カオマンガイ、何というかアジアンなジャンルで非常に美味しい!

イベントでも梶くんがいると、やったー!また夜中にチャーハン食べれるじゃん!とファンもすごく多い。(去年のライジングサンも3日間ほとんど寝ないで皆んなで売りまくった 笑)

この経験も、料理がさらに好きになった一つの理由でもあるなぁ

いずれピースジャーニーの動画やブログでもこの辺のメンツを皆さんに紹介出来たらと思ってるので

乞うご期待!!

ちなみに俺のポジションは3代目パッタイ野郎です 笑

あとは最近ブログの内容について悩んでて
健太郎が島の日常の事を主に書いてるから、俺まで日常的なヤツ書くのもどーかなぁ??と思ったりして。

読んでくれる人飽きちゃうかなぁ??

ピースジャーニーブログ最近つまんないね〜
とか言われてないかな??

とか、、

相変わらず日々勘ぐっております!!

こんな感じだから必然的に今までの旅での出来事を思い返して、書く機会が増える。

んで、本当に旅ってどーなるかわかんないもんだなぁと…いつも思う。

そもそも俺がピースジャーニーに参加したばっかの頃は健太郎がピースジャーニーに入るとは思ってもなかったしね。

ヤツとの出会いは、去年の夏、自給自足村Nijinosu だった!

元々健太郎はヨシの動画を見て、ヨシに憧れて地元の埼玉を出て旅を始めた

ヨシが働いてたニセコに健太郎が来て、健太郎のゴリ押しで、ピースジャーニーへの参加が決まった

しかし、初めての経験尽くしで色々な人の影響を受けた健太郎は

健「やっぱりヨッシーと行くのやーめた!」と言い出しちゃって

そのタイミングで俺はピースジャーニーに入った、それが去年の夏の出来事だ。

ヨ「健太郎って若いヤツがおんねんけど、やっぱり俺と行かへんゆうてんねん!」

俺「そーなんだ、残念だねー」(テキトーか?!笑)

ヨ「ニセコの仕事紹介したらやらかして追い出されるしよー!」

ヨ「ほんで行くとこないやろーからNojinos紹介したってさ」

俺「今はどこにいるのさ?」

ヨ「俺がニセコの仕事終わるまで、健太郎が北海道内で待ってて合流する予定やってん」

俺「なるほどねー!それはヨシ的にはさみしいねー」

要するに

ヨシに憧れてニセコにやって来た健太郎

でも色々問題があってニセコを出なきゃいけなくて

そこでヨシが村を紹介して、村長の港から自転車を借りて、ヨシが仕事終わるまで北海道をラウンドして待ってる

で、その間に色々な人と出会って、「旅は1人がいい」とか言われて、ピュアな健太郎は

「やっぱ1人で行きまーす」

になったと

ふむふむ、まぁまぁ良くある話じゃん、と言ってヨシを励ました。

そんな話があって、忘れた頃に

その健太郎が自転車を返しに村にやって来る!ってなった。

ヨシは「俺はもうアイツはどーでもええ…」

みたいになってて、

ミナトとユイちゃんは(村の村長夫妻)

「もう一回話してみなよ」って言ってて

俺はまぁ、別にどっちでも良かった

村に現れた健太郎の風貌は

ボサボサの髪の毛

ガッチリとした体格

四角いダサめなメガネ

なぜか一本だけ太いドレッドヘアーが側頭部から生えてて、

俺は(何か変なの来たでや 笑)

と思ってニヤニヤしてた

ミナトが今後の健太郎の予定なんかを聴き始めた、ヨシは不貞腐れながらそれを聞いてた。

俺はちょうど洗い物かなんかをしてたんだけど、

健太郎が突然俺の持ち物のバナナを見つけて

健「バナナ食っていいすか?」

と聞いてきた。

俺は戸惑った。

イェーイ!始めまして!からのハイタッチ!からのバナナ食っていいすか?

ならまだ話はわかる。

いきなり初対面の人間に第一声バナナ食っていいすか?は俺のデータにはなかった。

「う、うん、食べてもいいよ」

こんな感じで、ヨシ、健太郎、俺、3人の奇妙で若干気まずい共同生活が始まった。

具体的に何故気まずいかというと…

ヨシからしたら、色々気にかけてきて面倒を見てきたヤツに裏切られたような気持ちで寂しかっただろうし

健太郎にしても、気まずい感じがあったんだろうけど、無理にナチュラルな感じで明るく振舞って過ごしてるように感じる。

何か気持ちわり〜なぁ、と思いつつも

俺はミナトとユイちゃんと話して、とりあえず2人の様子をみてみることにした。

3人同じ部屋だったし、村の作業も皆んなでやってたけど、ちょいちょいヨシと健太郎が気まずさを出してて

無理にヨシをイジる健太郎、でも語彙力ないからただバカにしてる風になる

それに対してヨシはプンプン丸状態

ていう流れが出来たり

(このくだりは今だにやってます)

メシ食ってても、

あまり働かない健太郎に、「働かざるもの食うべからずやで」

とかヨシが言ったり

まぁあんまり気にしないようにしてた、

だけど3人で過ごす内に若干2人にイラついてきちゃう俺。

例えば、俺は毎日自炊してたんだけど、2人とも、当たり前のように俺の作ったメシを食べべるのだ。

ヨシは不機嫌そうに当然のような感じで

健太郎は昼前まで寝て、「美味しいっす」とか言って

2人ともガツガツ食うのだった

あれれ〜??

お前ら普通に食うね〜

つーか結構よく食うね〜

ソレって何か2人ともおかしいよね〜?

しかも、こいつらが気まずいのは知らねーけど、

俺までネガティヴ&ダウナー状態に巻き込まれて、

普通にムカつくね〜

まぁでもとりあえずは我慢してみるか、

イキナリ怒っても面白くないしー

怒りのボルテージ貯金積み立てまーす!

数日後

健太郎が突然、「俺、村を出て旅を続けようと思ってます!」と言い出した

ヨシは「勝手にしたらええやん」と相変わらずいじけてた

ミナトは「もう少し健太郎も残って、一回話してみなよ」

とか気を使って優しく言ってたんだけど

健太郎は

「いや、俺行きます」と聞く感じじゃない

俺は思った、こいつらこれで別れたら終わるなぁ。

そんなの寂しいじゃないか…

よし!今だ!

積み立て貯金解約!!

ハイ!一旦怒りまーす!

普通にイラついてるし、何もぶん殴る訳じゃないから、言いたい事言ってもいいよね!

俺の言い分は、

健太郎は散々タダ飯を食って、村の作業も大して手伝ってなかった

その上に最期は適当に逃げようとしてた

俺はそこを切り口に健太郎を論破して滞在を伸ばさせた。

(もう少し楽しませてもらおうじゃないか!)

(逃さないよ健太郎くん 笑)

(へへへ)

ヨシが反対してきたけどそれに対しても、

みんな好きで、村に来て生活してる訳だし

お前が健太郎にムカついていようが知った事ではない、

お前の八つ当たりのせいで、ここ数日俺まで気分を下げられてる

そもそもお前ら2人とも俺に食費払ってないよね??

色々おかしいよね??

健太郎は確かにムカつくかもしれないけど、お前も中々だから 笑

とりあえず俺のハッピーなビレッジライフを邪魔したお前ら2人に決定権はない!

と、一蹴した

イキナリの俺のハードな発言にヨシも健太郎も戸惑ってたけど

知った事ではない

俺の独断+ミナトとユイちゃんの賛同を得て

とりあえず健太郎はステイ決定!

という感じの流れで、後のピースジャーニーメンバーの愉快な共同生活が始まった…

次回へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。