「小笠原の仕事」健太郎ブログ♯2

いつも見てくれてありがとう!!
今日も下のロゴをクリックしてから観覧よろしく!
現在クリックランクは4位まで浮上中!にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


こんにちわ!!
ピースジャーニーの健太郎です!

小笠原生活2日目

起きたときには、昼の12時を越えていた😨

やべっ‼また10時間も寝てしまった、
やべっってなるけど、直そうとはしないんだよね(笑)

たまに
「それってすごい時間もったいないじゃん」
って言われることがあるけど、
もったいないとは思わないなー。
だって寝るのは気持ちいいし、
脳への影響も10時間くらい寝るのがベスト
っていうのも聞いたことがある❗

ってさすがに正午回って起きるのは
遅過ぎるかもしれないけど(笑)

そのあと2時から仕事内容の説明があり、
朝ごはんも食べれなかった😓

仕事内容は早朝の6時頃から小型船に乗り
父島の北側に位置する兄島へ渡る。

兄島では
決められたコースで島の各地に罠を仕掛けたり、
仕掛けた罠を回収する仕事!

決められたコースっていっても、
基本的に一般人が踏み込んではいけないエリア
階段や、ロープが吊らされている位の
獣道みたいなとこを草木をかわしながら進んでいく!

驚いたのが、
小笠原諸島は緯度は沖縄とほぼ変わらないのに、
小笠原の植物は沖縄とは気候が違い、
乾燥地帯に生える性質の植物があるということ!

町とかにはハイビスカスとか生えてるけど、
これは島の人が後で植えたらしい!

仕事で兄島を散策できて
自然とも触れあえるし楽しい仕事でワクワクしてる❗

下の写真が仕事で駆除する
外来種の”グリーンアノール”というトカゲ。

なんか、複雑だなー

だって、グリーンアノールだって
元々は人間が持ち込んだんだろうし…。

グリーンアノールの元々住んでいた生息地は
アメリカの南西部。

そこではグリーンアノールが
逆に絶滅危惧種みたいなのに登録されてるらしく、
小笠原では外来種として駆除対象だそうだ。

それってどうなのって(笑)

まあ世界自然遺産っていうのも
在来種を残すために他の生き物を駆除すると、
生体系のバランスが崩れて、

父島だと、
”ネコを駆除してネズミが増えてしまう”
っていう事例とかもある。

ただ野ネコを駆除しなきゃ、
固有種のアカガシラカラスバトは
絶滅してた可能性もあるんだって。

難しいよねー😰

皮肉な事にグリーンアノールは
”見た目が可愛い”などの理由から
世界自然遺産に登録される数年前までは
観光資源としてPRしてた生物でもあるらしい!

このブログ書いてて思い出したんだけど、
小学生ぐらいの時、祖母の姉に
「この世で一番怖い生き物はなんだ?」と質問されて、

俺はその時

「サメ」

って答えた覚えがある(笑)

答えを聞いたら

「人間だよ。」

って言われたんだよねー!

その時はそんなに深くは考えなかったけど、
その意味が少しわかった様な…。

島って時間の流れがゆっくりで、
この島に来てから考える事が多くなった。

仕事も始まったばかりで、
まだまだ覚えることや学ぶ事は多そうだなー。

これから更新頻度を上げて行くために
ダイゴさんと交互にブログを書いていきたいと思います!

是非見てねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。