「浪漫村 Nijinos 〜番外編〜」&「今期の旅の果ては突然に。」(521〜523日目)

旅を応援してくださっている方、
楽しみにして下さっている方々。

いつもありがとうございます!!

↓今日もこちらをクリックよろしくです↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

編集期間が空いたので
現在INランキングでは(クリックランキング)
15位にランクダウン!

今までに最高6位を観測!

にほんブログ村

『 浪漫村 Nijinos 〜番外編〜』スクリーンショット 2015-10-21 2.27.47

ある日のこと。

この村に毎年訪れていて、
今年も既に一ヶ月ほどこの村に滞在している
常連客のトッポに、
「ここら辺でデカ盛りが安くで食べられるお店がある」
と誘われて晩御飯にそこへ行くことになった。

( 写真 / 新十津川コメゾウ&トッポ )
DSC_0002彼は、頭の色が激しいのが特徴。

この村に毎年訪れると、
髪の色をいろんな色にするらしく
毎年恒例行事なんだと言っていた。

どこでこんな色にするのかと聞けば、
この村と縁が深いヘアーサロンで
施してもらったそうだ。

僕もその美容室に何度か遊びに行って
お世話になることがあった。

滝川駅周辺
『Hair Drassing Sin』

DSC_0007DSC_0008

美容室だとは思えないほど開放的な空間。

ここを営むシン君には、
僕のドレッドの絡みなどを取ってくれる
メンテナンスを丁寧に施してもらった。

この髪型を手入れ出来る人は少なく、
とても助かった。

あれからとても髪の調子が良いです。
シン君ありがとう!!

とてもおしゃれでセンス良いお店でした。

青森で共に6日間行動したノムの名前が
美容室の店内に書いてあったのには驚いた。
DSC_0010自分も自由に書いて良いと勧められたので、
お構いなく柱にどどんと大きく書かせてもらった。
IMG_6528

こうして日々宣言し、
後戻りができない状況を作ってゆく。

書いた文字を目の前にして自分に問う。
「初めて思い描いた瞬間の気持ちを忘れてはいないか?」

緩んだ靴紐を締め直すかの様に、
腹を括り直した。

他にも、
足跡として今も残っているものは港の提案で、
Nijinos村に併設されたスープカレー屋の奥芝商店さんにも
来年の春までフォトギャラリーを展示させてもらっている。

奥芝商店 〒073-1106、北海道樺戸郡新十津川町字総進217−21)
IMG_6531

いつもは一枚1円からの交渉で売っていますが、
1枚300円で好評販売中!

 

さて、話はデカ盛りに。

昼ごはんを抜いてもう腹ペコになった夜。

新十津川町から近い隣町の滝川市にある
『喫茶 マリン』
IMG_6488 IMG_6489

中へ入ると普通の喫茶店に見えるが、
ここが噂のデカ盛りが出されるお店。

カツ丼を選んだ。

他のメニューには天ぷら丼や親子丼、カレー、
スパゲッティーなどなど。
様々なメニューがデカ盛りにすることが出来るらしい。

時間がかかるのかな…
と思いきや。

結構スムーズな速さで出されてきた、
とんでもない大きさのカツ丼。
IMG_6490IMG_6491なんというデカさ!!

自分の割と大きな顔よりも、
遥かに大きく重い…。

ご飯だけで3号以上あるものだった。

昼飯も抜いてまでして腹を減らして
これに挑みに来たんだ。

いざ。挑戦!!
スクリーンショット 2015-10-25 9.10.50
カツ、卵、玉ねぎ、エリンギの輪切りに
ダシがよく染み込んだもので
味は一般的な物よりアクセントがあって美味しい。

想像以上の大きさに悪戦苦闘。

ダシが染み込んだご飯が
べちょべちょになって時間が経つに連れて
味がとても雑に感じて来始める。

20分後…。

…あ、あっかーん!

スクリーンショット 2015-10-25 9.12.24

参りました。

具は全て平らげたものの、
ご飯を半分ほど残してしまった。

普段どんなご飯でも完食してきたので、
少しは自信があったけれど無念のリタイア。

食後2時間は
お腹が張り詰めて痛くて、
苦しくて仕方がなかった。

2時間以上が経ってようやく、
『お腹いっぱいの状態』になったデカ盛り。

村に初めて来た人は、
ここ喫茶マリンへ案内されて
デカ盛りの洗礼を受けるそうだ。

このお店は米農家を営んでいるので、
こうした米のデカ盛りが実現しているらしい。

もしデカ盛り食べられたとしても、
あれ以上の満腹感と腹痛を伴うのであれば、
達成感もお得感も何もありゃしないじゃあないか。

食べられないと勿体無いし、
これからは適量で美味しく食べきれる物を
食べて行きたいと思ったのでした。


10月10日(521日目)

IMG_6542

今日は朝から村を出て、
苫小牧近くの厚真町で開催される野外フェス
NOMAD CANPに参加するため車に揺られていた。

NOMAD CANPとは。
12043131_980393621984125_3376839226182345425_n12036393_979093282114159_3784689973188856850_n

以前、苫小牧でお世話になった「Bar Old」が
主催しているイベント。

先日苫小牧を通った時にも
このチラシをもらって誘われていたのだ。

一泊二日の北海道野外フェス。
二日間参加費1000円とテント一張り2500円。

DSC_0040

会場の野営場は池のほとりにあり、
大自然を感じられる心地良い場所に設置されてあった。

DSC_0035DSC_0013

DSC_0043DSC_0050

主にLiveを中心に、
会場は盛り上がりを見せていた。

港が僕に絵を書いてくれると言って、
一枚の絵を描いてもらう事になった。

ステージの横にあるライブペイントスペースで、
半日ほどかけて作成してくれた。

その横には、
なんとNijinos一代目の龍行くんが描いていた。

(写真 / 左、一代目村長 龍行。右、二代目村長 港。)
DSC_0030DSC_0053港はステンシルアートと云われる手法を使っていた。

綺麗に形どって器用にくり抜いた厚紙を使う
スプレーアートの手法の一つ。
DSC_0055港は僕の名前の苗字から、
『鶴』をテーマにカッコイイ絵を描いて
仕上げてくれた。
DSC_0041この作品を使って、
来年の春までにリアカーを改造しようと計画中だ。

港、感謝してます。ありがとう!

音楽は夜8時過ぎまで鳴り響いていた。
DSC_0052

冷え込む夜には、
大きなキャンプファイヤーの火が灯された。

IMG_6544

大きな火を囲でいると、
楽器を持った人達が集まり自由に音楽をかき鳴らし始め
夜の宴を盛り上げてくれる。
IMG_6549IMG_6548

会場の露店には、Pizza、Bar、ガパオライス、
雑貨屋、養鶏所の卵料理屋さんなど
様々な露店が出されていた。

会場のBarでは、
苫小牧のBar Oldで出会った店員の子にも再開し、
「来たよ!」と挨拶をすると、
とてもいい表情で迎えてくれた。

久々に再開し、喜びの乾杯を交わした。
DSC_0058
北海道の夜は10度を下回る気温で、
キャンプするには寝袋に入っても少し寒い季節だった。


10月11日(522日目)

翌朝。

港が前日に仲が良くなった人のテントへ向かった。

DSC_0067DSC_0063

廃材を敷き詰めただけの床に座布団を敷き、
缶のバケツで枝を燃やして火を起こして暖をとる。

原始的だが、とてもおしゃれな空間。

朝は冷え込んでいたけれど、
ここの店主は裸足で歩いていた。
DSC_0061

そこで朝食に鹿肉丼を頂いた。

去年から北海道で良く口にするようになった鹿肉。
鹿の肉はしっかりした赤身が特徴で
ジャーキーの様な食感がジューシーで美味しい。

朝8時頃。
一発目のLiveアーティストはパンクロック。
一日の始まりに会場では激しい音楽からスタートした。

パンチの効いた目覚ましで2日目のLiveが始まったが
今日は午後にかけて天候が荒れるらしい。

港も、
村の動物などの世話があるので、
午前中に会場を出てNijinosへと帰ったのだった。


『〜 今期の旅の果て 〜』

10月12日(523日目)

ゆらゆらと揺れる車内の中。

北海道の開けた視界の平野を突き進む。

軽トラックに乗ってニセコを目指していた。

IMG_6555

荷台には自転車とリアカーを載せている。

港が余市の知り合いの農家さんを訪ねて行くついでに
ニセコまで送り届けてもらえる事になったのだ。

IMG_6554

よくよく考えると、
2週間も前から僕の今期の旅は
静かに終わりを迎えていたみたいだ。

札幌を出て池田さんに出会い、
トラックでNijinosへ向かったあの時から。

あの日から、
自転車旅は来年春まで
お預けになってしまっていたのだ。

春に神戸を出てきてからの、この4ヶ月間。

今までよりも遥かに
沢山の人達に出会い、沢山の事を経験し、
これまで以上に旅の質が向上した。

今年6月、
神戸から2万5千円だけ握りしめて旅立ち、

旅をしながら資金を稼ぎ続けて北海道へ目指す。
”数ヶ月間に渡る金なし路上販売生活”

その難関を越える事がやっと出来たのだ。

僕の人生においてこの4ヶ月間は
とても身になる経験をさせてもらったと感じている。

今までのどんな旅よりも長く濃厚で、
沢山の事を考え、悩み、向き合い、学び、
笑って泣いて怒って楽しんで突き進んでここまできました。

これから先の道を歩む歩き方を、
ようやく一点の雲の隙間から漏れた光を
見た様な気がします。

それもこれも。

出会ってきた一人一人の御陰様で。

思い返せば、
思い返すだけで丸一週間が経過しそうなほど、
沢山の人達の顔が頭に浮かんで来ます。

スクリーンショット 2015-10-30 12.01.26

写真もこれだけでは収まりきらないほど、
沢山の方と道端で出会ってきた。

今一度。

みなさん。

本当に、有難うございました。

今期の目標だった、

北海道ニセコに到達!!

DSC_0034

これからお世話になる宿は、
ニセコ・グランドヒラフスキー場近くにある
「まんぷく亭」

IMG_6561

わざわざここまで送ってくれた
Nijinosの港も有難う。

到着した初日は、港もニセコに一泊。

先シーズン仲が良くなった友達たちが
わざわざ駆けつけて来てくれて、
ニセコ町の馴染みの居酒屋に集まって酒を飲んだ。

みんな、相変わらず元気そうだ。

IMG_6569

これにて、
日本一周 〜本州北上編〜 『


残るは北海道一周

本州太平洋側南下のみ!!

2015年度、目標地点到達記念に
1クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


自転車旅は来年の春まで再開できませんが、
これからも色々とアクションを起こそうと考えています。

最近では養蜂場の手伝いや、
ペンキ塗り、土木関係の仕事など職種も幅広く
仕事を頂いて生活しています。

(養蜂場)
IMG_6627
IMG_6631IMG_6630

(ペンキ塗り)
IMG_6650IMG_6654

ここ半年以内に出会った方は
ご存知ないかと思いますが、

去年の12月〜今年5月までの期間、
僕はニセコスキー場周辺に出稼ぎに来ていて、
その半年近い期間に沢山の仲間がここで出来ました。

今はその仲間達のおかげで
こうして仕事を見つける事が出来て居ます。

10月末の北海道ニセコでは、
もうすでに頻繁に雪が降っている。

朝方に冷え込む日なら、
屋根や地面にうっすらと雪が積もっている事も…。
IMG_6575IMG_6639

今後の作戦としては、
今年の冬季の仕事は12月19日からなので、
雪が積もり始めると土木などの現場仕事が少なくなる。

なので、
ニセコで暇を持て余す位ならば
11月の上旬に北海道を出て、
神戸へ移動し一ヶ月滞在しようと計画中。

神戸でも何か面白い事が出来たらと考えているので
今後の動きにも乞うご期待。


旅を応援してくださっている方、
楽しみにして下さっている方々。

いつもありがとうございます!!

↓今日もこちらをクリックよろしくです↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

編集期間が空いたので
現在INランキングでは(クリックランキング)
14位にランクダウン!

今までに最高を観測!

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。