事故から一年が経過し最後の手術

お久しぶりです!

夏もそろそろ終わりが近づいて来ましたねー。

20120923-215310.jpg

夏はリハビリを兼ねて極力体を動かすように心がけて生活をしてました!

去年の7月29日に事故をおこしてしまってから一年と少しが経ちました。
20120923-212423.jpg

事故からちょうど一年になる日には、あの日の事を思い出し
こうやって生きている事に感謝するとともに、やはり再出発への気持ちを再確認しました。

足の経過は7〜8割ほど動くようにはなって来ていたけどもそこからの動きがなかなか回復しない。

それに、まだひざからかかと骨の中に鉄骨が残っていて
それを抜く手術が残っている。

足の骨は体の体重を支える大事な骨なので一年は中に入れたままの生活。
20120923-211511.jpg

ようやく足の骨も出来てきて抜く手術をしていいと神戸の病院で許可が出たので
9月6日、福島の事故直後に運びこまれた病院へ戻った。

行っていきなり、はいっ手術!‥とはやはりいかない様で一度診察をしてから手術の日程を決めました。

手術は4日後の10日に決定。

4日間、東北で時間が空いたので気軽に一度帰るとはいかず、ボランティアをする予定だった宮城県石巻市へ行く事にした。
復興を兼ねた建設業の仕事をしてる知り合いも居たのでその友達の家を拠点に自転車を借りたりして現地を見て周った。

震災から一年半も経とうとしているけども、まだまだこれからの状態だった。
20120923-212001.jpg

20120923-212101.jpg

瓦礫もビルの4〜5階位もの高さになろうかと言う程積み上げられている場所もあったりで異臭も物凄い。
20120923-211914.jpg

それが数キロの範囲の中で何箇所もあるのだ。

取り壊せていない建物もたくさん。
20120923-212043.jpg

取り壊したが、人は住み着かず空き地も沢山広がっていて現地はまだまだ深刻な状況だ。

これは何も石巻市だけに限らず浜辺の街は永遠とそういった景色が続くのだろう。

一見、悲しい辛い状況に見えるが、その土地で残っている人達はしっかり前を向いて未来を見つめている事に勇気を貰いました。

再出発したら、その気持ちを更に倍の形にして返したいと思います!!

そして、手術のために福島へ再び戻り入院。
20120923-212117.jpg

偶然にも、事故した日に運び込まれた病室で何だか不思議な気持ちでした。

いきなり事故にあって一瞬にして夢がかき消され、絶望していたこの部屋にまたこうして次の希望を持った状態で入って来る事になるとはあの日は思えなかったな。

事故後、あまり語らなかったけども
一度だけ号泣してしまったことがある。
二回目の手術を終えた後のリハビリ室で、初めて折れた足を地面に着けた時の事。
ピクリとも動かない足首、地面に着けてもまったく感覚の無い足を見て
「自分の足じゃないみたい。」って呟いてしまった。
そしたら動けなくなって何だか悔しくて悔しくて涙がボロボロ出た。
その日はリハビリが出来なくなってしまい、病室に閉じ込もってしまった。

昔から悔しいと思ってしまった事には感情が押さえられなくなる。

そんな事もあったなぁー。
なんて思いにふけていると
病院の先生やら看護婦さん達は一年も経っているのにみんな覚えててくれて、わざわざ病室まで挨拶に来てくれる人達も。

自転車で日本一周中に事故して骨折った人
見たいな認識でちょっと恥ずかしいけども‥^^;笑

入院したその日に手術は行われた。
今回は全身麻酔での手術。

麻酔を打たれてから数を数える事にした。一秒に一つ数える方式で。

いち

ちーん。でした。

目が覚めるとまだ頭が完全にまわってなくてよく覚えてないが

手術が終わり、ローラーのついたベットごと病室に戻されている時の事だった。

カラカラと言う車輪の音が遠くから近くに寄って来て
目を少しずつ開くと流れるように目の前を過ぎて行く天井の電気。
次には足に激痛が走った。
確か、痛い痛いと言って必死に起き上がろうとした。
看護婦さんに押さえ込まれて
そこから記憶がない。

気がつくと手術後に一日だけ入る病室で寝ていた。
起きてもやはり激痛だ。

そしてその激痛は3日ほど続いた。

先生の話しでは手術した次の日から歩けるよって聞いてて、それなら楽勝でしょ!っと意気揚々だったが何の事やら。

それも無理ないか。
膝の筋肉を縦に切ったらそりゃ痛いわ。

20120923-212130.jpg
それでも一日毎に車椅子、松葉杖2本、1本、徒歩と3日でなんとか歩ける様になった。

今回はリハビリがなく、時間が有り余って暇を持て余した。

一日に3度ほどタバコを吸いに少し病院を抜け出す事が日課となっていた。

たまに同じ病室のおじさんと一緒に脱走した事もあった

20120923-212148.jpg

そのおじさんのお孫さんがよく見舞いに来ていて、仲良くなれた。

20120923-214118.jpg

心を開いてくれたのか、俺のベッドの上で一緒に遊んだりも

20120923-212211.jpg

そして病院生活は5日ほどで退院する事が出来て、松葉杖を借りて神戸へ帰りました。

膝の筋肉を切っているし、骨の中が脊髄があるはずだけどくり抜かれた状態なので凄く違和感がある。

痛みも多少は残ってるから手術前よりは少し足の動きが悪くなりました。

これからもリハビリを頑張って「来年の春」には再出発出来るように調整します(^^)‼

そろそろ次の出発に向けて準備をして行かなくては。
自転車を新しく買って
ソーラーパネル搭載の荷台の再改造などなど。。。

またまた動きがあり次第報告して行きたいと思いまーす♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。