7月17〜18日「富山県魚津市のまさか」(436〜437日目)

にゃ!!!にゃにゃにゃんと !!!!!!

ランキングがまたもや2ランクアップ!!

(8月1日現在)
って言うか、更新遅れていましてすいません…。
ぼちぼちマイペースでやってきます。。

現在8位から一気に6位へ上昇。

まだまだ1位との差は断然にありますが、
この調子でトップ3には入りたいと思います。

ご協力感謝します!

そのおかげで沢山の人が、
見てくれるようになってきました〜!!

↓読む前にこちらをクリック!!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

にほんブログ村


7月17日(436日目)

滑川市の漫画喫茶の地ベタで目を覚ませた。

12時間パックで8時に出る予定だったが
10分ほど過ぎてしまっていた。

あっちゃー。寝過ぎた。。
と言っても昨日寝たのは、
夜中の3時か4時頃だった。

山登りの疲れも残っていた事だし、仕方ないか…。

3時間パックを追加し、
昨日の編集の続きをした。

朝ごはんに持ち込んできたおにぎりと、
野菜の漬物に、
ドリンクバーにあるコンポタージュスープ、
カレースープ、オニオンスープを全て一杯づつ飲んだ。

漫画喫茶は大体どこも12時間で
2250円ほどが相場。

飲み物が飲み放題で、場所によっては
シャワーも浴びれるのは魅力的だ。

ここにはなかったけども…。

11時まで編集作業をして外へ。

台風上陸間近で、
今日も朝から雨を予想していたが…。

風も雨もまだなく、
曇り空が広がっているだけだった。

今晩に影響が最大になるとみられている。

店前で持ち込んだ荷物を自転車に積み替えていると
漫画喫茶にパソコンの修理に来ていた業者の方に
声をかけられ、少し立ち話しをした。

日々、
こうして興味を持って話しかけてくださった方に
必ずステッカーを渡すようにしている。

このブログを観覧して下さる人を増やすには
一番簡単で、より最適な方法だと思うからだ。

この日はまだまだ編集作業は山済みで、
夜に天候が荒れるらしいので
またこの漫画喫茶による宿泊するとした。

それまで…どうしようか?

財布を広げると一万円とちょっとしかない。

これが全財産。

うーーーん…。

そう言えば、
富山市内で路上販売していた時に、
「富山の写真はないのか?」と、
結構な人数に言われたので
立山の絶景写真と自力登山3日間の経験談を引っさげて
また市内へ路上販売を行いに向かうことにした。

今日の漫画喫茶代でも稼ぐとしよう。

市内へは、
2時間以上も逆戻りした距離にある。

まずは近くのコンビニで写真を現像。
最近セブンイレブンでは、
最新機種を富士フィルムから出している印刷機がある。

この機械でないと、
一眼レフで撮った写真の色が色鮮やかに映らない。

なので、
この機種を置いている所でのみ
写真の現像が可能だ。

1枚10秒ほどで写真を現像してくれるので、
時間も割とかからずに印刷することが出来る。

140枚ほど印刷したので、
30分ほどでその数を印刷することが出来る。

一枚30円なので、
けっこう大きな出費…。

それに一枚一枚、
写真をビニールの袋に入れる。

一枚あたりおよそ35円の原価。

それはただ単に物の原価であって。

そこに行くまでの苦労、時間、移動費、
いくつもの坂道を登り、いくつもの雨に打たれ、
大量の汗を流し、数多くの不安を抱えながら
ここまで1年2カ月もの期間を
前に進む事だけを日々、心に決めて進んできた。
そんなことを諸々、考えると、
僕自信は、
原価はこれだけでは収まらないと感じている。

僕の経験を直接聞いてきた方々も
心からそう思って下さる。

1000円ものお金で写真を買ってくださる方が
「これだけで申し訳ないですが…」
そう言う声も良く聞くほどだ。

この苦労を理解してくださる方々は
そこまで想像して買ってくれるのだ。

それにしても…
ちょっと…多すぎたかな?

まぁいい。
いつかは売れるだろう。

4500円ほど写真の現像代につぎ込んでから
富山市内までゆっくりと向かうと、
もう夕方の3時頃だった。

雨も降りだして来そうだったので、
総曲輪辺りのアーケード街へ。

台風が近いので、
屋根があるだけでは、風で写真が飛ばされてしまう。
駅前が良かったけれどもこちらを選んだ。

アーケード内は広くて長いので、
最初は人通りの少ない以前の奥の方でやっていたが、
勇気をだして賑やかな方へ移動してみた。

すると、人の寄ってくる数がグンと上がった。

IMG_4756

静かで薄暗い場所よりも、
賑やかで明るい方が近寄りやすいのかもしれない。
また、一つ勉強になった。

やっといい流れを作れたと感じ始めた時。
知らない番号からの電話が鳴った。

ん…?誰かな?

はい、もしもし。

「あ、どうも。今朝に沼津でお会いした者ですが…。」

あ…。あぁ!!あの漫画喫茶の!!
これはこれは、どうも。
どうされたんですか??

「いや、アレからかあなたのブログを見させてもらっていたんですが、
とても面白く読ませていただきました。
それで色々見ていると電話番号が記載されてあったので、
何だか電話しようと思ってそのまま掛けてしまいました。」

それはそれは。
嬉しいお言葉をありがとうございます。
そう言って頂いて光栄です!

「あれからどちらに行かれたんですか?」

今日も今朝の漫画喫茶に泊まる予定ですが、
今はその宿泊代を稼ぐために富山市内へ
戻ってきました。

「あぁ、そっちまで戻ってしまったんだ…。」

どうかされましたか?

「いやぁ、よかったら、
ウチへ来ないかなと思って電話したのもあったんです。」

えぇ!本当ですか?
ちなみに、場所によっても行けるか行けないかが
あるんですがどちらですか?

「漫画喫茶から15kmほど進んだ、
魚津市という場所です。」

おぉ!そちらでしたら
戻る予定だったし、行けますね。
せっかく言っていただいているので、
伺っても構いませんか?

「えぇ、是非是非。骨休めしに来てくださいよ。」

電話を切って、すぐさま店終い。

今日は印刷代で出費の方が重なってしまったが、
いつか売れる写真の投資だと考えよう。

漫画喫茶代も浮いたので、
結果オーライ!!

後は…また来た道を戻って、
さらに15km奥に突き進むあるのみだ。

富山県の海沿い辺りは、
平坦な道が続く盆地が広がっているので、
山の麓辺りに行かなければ
自転車ならどこでも移動が楽にできるのが嬉しい。

魚津市までは3時間半ほどで行く事が出来た。
辺りはもう既に暗くなり、
小雨が降っていた。

待ち合わせしていた、
泊めていただく家の近くのコンビニに到着。

コンビニに着きました!と連絡を入れると、
5分もしないウチに徒歩で迎えに来てくれた。

家に招かれて、
近くのオススメの居酒屋『秀』へ。

早速ビールで乾杯!!
IMG_4757招いてくだささったAさん。

昔から音楽が好きで、
バンドマンをやっていたらしい。

ここは安達さんが20代の頃から
通い詰めている居酒屋で、
とても思い入れがあるところなんだそうだ。

20年以上も営業を続けているこの地元の名店。

とにかく、なんでも安い
IMG_4759IMG_4758女の乳と書いて、めにゅう。(笑)
これがまたこの店のいい味を出している。

満席になってからもお客さんが何人も店のドアを開けて、
帰っていく姿を何度も見かけた。

それほど、人気なお店なのだろう。

Aさんは
「魚津は漁師町なので、とにかく魚が美味しいんだよ。」
そう言って、
いろいろオススメの物を注文してくれた。
IMG_4762
刺身は、漁港が近いので新鮮。
そりゃもう美味しいのなんのって。

Aさんが日本一周をしている人だと、
お母さんに説明すると、
あれこれ魚津のオススメの食べ物を勧めてくれた。

見たこともないほど大きな
岩牡蠣
IMG_4763肉厚プリプリな牡蠣は、
一口では収まらないほどの大きさだ。

半分に切って貰って、
安達さんも長らく食べていないらしく、
二人で半分づつ食べる。

それでも口いっぱいに。
おお!大きい…!!

これ半分で普通の牡蠣4つ分ほどのボリュームだった。

お次は
『白エビ』
IMG_4761先日富山駅前で食べた物よりも、
遥かに美味しい。

駅前の物は、衣が沢山ついていて、
エビなのか衣なのかわからなかったが、
これは、エビの身の味もして絶品。

そして確か300円か350円と
本当に安い。

次に、
地魚のすり身の焼き物。

IMG_4764

この魚はもう漁の盛んな時期が過ぎて
不漁になってきているらしく、
そろそろ生産を中止する時期になる前だったそうだ。

「食べられてラッキーね。
もう少しで無くなる時期になるとこだったのよ。」
そう言ってお母さんに教えて貰いながら召し上がった。

地酒も頂く。

IMG_4765

先日登ってきたばかりの立山の銘柄があったので、
それを注文。

清酒なのにもかかわらず、
冷で飲むと吟醸のような華やかな甘さがあり、
とても美味しい酒だった。

立山の湧き水もとても美味しいので、
水が美味しい場所は、酒も当然にうまい。

気を効かせてくれたお母さんが、
刺身で食べたエビの頭を塩焼きにして
出してくださった。
IMG_4766エビの頭の塩焼きを肴に、
日本酒をグビっと味わう。

うーーーーん、最っっ高。

磯の香りと、
エビのミソがこれまた美味い…!!

最高な料理と共に、
魚津の見どころを聞くと、
興味深い情報を耳にした。

それは、この魚津では『蜃気楼』が見えると云う事だった。

蜃気楼の見え方には、
ABCの三段階のレベルがあるらしく、
Aクラスの上質な蜃気楼が見えると、
花火が打ち上がり、市内にアナウンスが流れるらしい。
スクリーンショット 2015-08-01 17.03.37 スクリーンショット 2015-08-01 17.03.48 スクリーンショット 2015-08-01 17.02.39 スクリーンショット 2015-08-01 17.02.56 スクリーンショット 2015-08-01 17.04.10 スクリーンショット 2015-08-01 17.00.10

蜃気楼が見えると花火が打ち上がるが、
もしそれから海辺に向かったとしても、
もうすでになくなってしまっている事が多いらしい。

この町に住む人でも、
釣り人や漁師でないと、
見た事がある人はごく稀な人数のみらしい。

是非とも見てみたいが、
いつ起きる現象かわからないので、
気の遠くなる程の時間を待たなければならないだろう。

充分に酔ってきたので、
最後の一杯にあっさりとウメ干し酎ハイ。
IMG_4767

これも昔からAさんがよく飲んでいた物で、
塩気の多いすっぱい梅をプレーン酎ハイに入れた物。

梅を崩して飲むが、
その崩した梅を食べたいがために、
ゴクゴク飲んでしまう。

勝手に酒が勧む一杯だ。

〆に、お茶漬け。
IMG_4768

美味しい絶品を数々、腹一杯ご馳走になって、
酒もガンガン飲ませていただいたが、
お会計は1万円を超えていない。

お母さんが端数をおまけしてくれて、
なんと7000円!

とても良心的なお店でした。

安達さん、ごちそうさまでした!!

そして、魚津の飲み屋街を散歩して、
町並みを観光してから家に戻った。

音楽好きなAさんの部屋に戻り、
色々とオススメの音楽を聴かせてくれる。

部屋には何千とCDが並び、
中にはレコードも数多く見える。

間接照明がお洒落で、
とても落ち着ける空間だった。

この日、以前金沢で出会ったチャリダー、
カズヤが神戸に到着したらしく、
僕のお店に来店してくれた様だった。

店を任せているジャスティンや、
友達に協力してもらって彼を楽しませて上げてくれと
お願いすると、みんな快く引き受けてくれて
カズヤ自身、とても楽しめた様だった。
IMG_4777IMG_4778IMG_4776彼を家に泊めてくれたMicky’s Clubのアイク、
そして、翌日にサトル!!

手伝ってくれてありがとう。
感謝してるよ。


7月18日(437日目)

Aさんの部屋の隣で目がさめる。

寝不足だったからか、
昼前までずっと寝てしまっていた。

Aさんは部屋でコーヒーを飲んで
音楽を聴いていた。

この日も、
もう一泊させてもらうことにして、
ゆっくりと過ごすことにした。

心配していた台風は四国を過ぎたあたりで
熱帯低気圧に変わり消滅した様だった。

この日は、
Aさんオススメの音楽を聴きながら、
自分のパソコンにもそれらを沢山取り込ませてもらった。

IMG_4775IMG_4769IMG_4771

先日、立山の動画もオープニングの音楽を
Aさんから貰った渡辺香津美さんのCDの音源を
使わせていただいた。

こうして、旅路で出会った方に
音楽を頂くこともある。

地元の人が、地元のいい所を知っている様に、
音楽が好きな人は、いい音楽を知っている。

Aさんは数え切れないほど
いろんなアーティストを紹介して下さった。

IMG_4774

タバコにもこだわっていて、
僕と同じ巻きタバコを吸う他に、
キセルで吸う、タバコまで持っている。

そして、タバコの葉の湿度の管理なども、
適切に保管している様だった。
IMG_4772

そんなお洒落な安達さんは、
世界で5本しかないギターを持っているそうだった。

通常の効き手の逆らしく、
左手で弦を掻き鳴らすレフトハンドと言われる
左利き用のギター。

世界に5本しかないギター
『Steinberger Steve Klein Left hand』
IMG_4822
そして、
なんとシリアルナンバーが『01』!!
IMG_4817貴重な物を見せて貰った。

昼間は音楽を取り込ませてもらった他に、
映画鑑賞もさせてもらった。

映画「けものがれ俺らの猿と」
町田康の小説『屈辱ポンチ』に収録されてる
同名小説の映画化したもので、
とてもパンクでパンチの効いた作品だった。

なかなか理解に苦しむ問題作だったが
それがまたおもしろい。

やがて、陽は傾き始め、
夕食に2連日で居酒屋「秀」へ。
IMG_4779IMG_4780IMG_4781

この日も、
昨日とは違う物を頼んで、
美味しい料理に、お酒を沢山頂いた。

帰りに秀のお母さんと記念撮影。

IMG_4807

帰り際に、
お世話になったから宣伝しときます。
そう言うと、

「秀だけに、ひでぇ店だって言っといておくれよ。」
そう言って、いつもの冗談をかましてくれた。

とても良心的な値段で
なんでも美味しい、良いお店。
魚津にまた来る際は、必ずここに立ち寄るだろう。

居酒屋『秀』

とても良い場所をまた一つ知ったのでした。

Aさんの家まで歩いて5分ほどで帰り、
帰ってから安達さんがいちばん好きな映画を見せてくれた。

Aさんおすすめ映画「パリ・テキサス」をくつろぎながら鑑賞。

一日中ゆっくりして
音楽を聴いたり、映画を観てくつろぎ、
久々に旅を忘れられた一日だった。

IMG_4819


まだ押していない人?
↓クリックだ!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。