【動画有】2年半ぶりの石垣島生活【超高画質4k!!】

ブログランキングに参加しております!
クリックしてご協力をよろしく!!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


まだ北海道には残雪が残り、
まだまだストーブが必要な日も多々ある4月初旬。

雪景色を眺めながら
空港までニセコの友達に送り届けてもらい、
関西空港を経由して石垣島へと渡った。

半袖長ズボンの服装で到着したのだが、
薄手の長ズボンさえ暑い。

日本の南の果ては4月初旬だと云うのにも関わらず、
既に30度近い気温にまで達し、
そして湿気が多くジメジメした空気で

すっかり真夏日であった。

かなりの気温の変化に一度体調を崩し、
風邪をこじらせかけた程だ。

石垣に到着した翌日から仕事は始まった。

2年半ぶりに復帰したBar Deepsy。

お店には昔から相変わらずなメンバーの常連さんもおり、
「おかえり、久々だね」と覚えていてくれている。

とても働き易い環境だ。

6年前の旅路で家に泊めてくれた
大阪の翔士兄さんは2週間遅れで石垣島に到着。
それから共にこのBarで働く事になった。

僕と共に石垣へ上陸していた愛美ちゃんを含め
ニセコから石垣へ移った3人で6畳一間の狭い部屋で
共同生活が始まった。

知り合いに車を一ヶ月間も貸してもらえた事もあり、
仕事も夜だけなので昼間は自由に行動ができ、
石垣島の隅々まで探索する事が出来た。

ドライブをしている時にたまたま立ち寄った売店で、
ひょんな事から石垣島に住む地元のおじいと仲が良くなった。
おじいの名前はてっちゃん。
石垣島北部では自分を知らない者は居ない。

と、自称している。

それからと言うもの、
おじいの家に遊びに行って泡盛を飲んだり、
三線を聞かせてくれたり
「買い物に行きたいから迎えに来て欲しい」
などとお願いされる間柄となった。


結局買い物に行きたいと約束した日は、
迎えに行くとおじいは既に友達とベロベロになっていて
結局「まぁ飲め」と言われ泡盛を注がれ、
島の言葉であーだこーだと話をするだけで
とうとう買い物には行かなかった。

仕事はバーテンダーだけでなく、
本島から旅行に来るゲストさん達と
船に乗って近くの浜島へ行き
海でのクルジングツアーの手伝いなどの
変わった事もさせてもらった。

他に、印象的だったのは
Bar Deepsyで出会ったお客さんとひょんなことから
クレイジージャーニーに出演した凄い旅人が
石垣島に住んでいると聞き、
実際にその方に会わせてもらえる事になった事だ。

僕もまだ見ていないが、
動画を発見したので下に貼り付けておく。

八幡さんは
オーストラリアから沖縄まで
カヤックで渡ってきた物凄い経験を持つブッ飛んだ方
なのである。

そんな方に会うべく、
Barで出会った飯塚さんと共に
八幡さんがされているシーカヤックツアーに
参加した。

内容はシーカヤックで
片道8kmもの距離を漕いで無人島まで行く。
といったものだ。

もちろん不可能だと思われる方は
別のプランが用意されるらしい。

八幡さんは普段のツアーではあまりやらない事を
特別に今回ツアーに盛り込んでくれた。

それは
『天候の読み方』

八幡さんの海の旅は
GPSやコンパス、衛星電話など
助けになりそうな物を一切持たない。

その中でどうやって天候や方角を見分けるのかを
熱心に教えてくれた。

実際の太陽の位置から方角を導き出し、
風の向きがどの方角に吹いているから
こちから高気圧が来るなどして
正確な周辺の気圧配置までを導き出す。

話を一通り聞いた後、
本当に八幡さんの予想通りかを確かめるため
そこに居合わせたみんなで天気図を確認すると
まさに言った通りの気圧配置図になっていた。

こうした自然界を生きる術を知恵として教えてくれたことは
僕にとって大きな刺激となったのだった。


次回、沖縄編へ続く。

石垣島で撮った映像作品も作ってみました。

動画第33弾!!

今回も御観覧ありがとうございます。
日本一周ブログランキングに参加しております。
毎度の事ながらクリックのご協力よろしくです!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


以前にも報告した通り、
外付けHDDの破損によりデータの取り出しが
出来なくなってしまったのだが、
パソコン内に残っていた生き残りデータを編集。

せっかく残っている物は形に残しておくとする。

新たに入手したドローンの壮大な映像も
最後に盛り込み、新たな素材感の手応えを実感。

次回からの作品もお楽しみに!

今シーズンは空飛ぶチャリダーとして

空撮での絶景を納めて行きたいと思います!

北海道から沖縄へ

日本一周ブログランキングに参加しております。
僕のブログのランキング上がったほうが良いと思う方は
今日もクリックよろしくでーす!

そう思わない方は押さないでくださーい!笑

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


2016年12月、冬。
僕は例の事件により大幅に時間を食った為、
季節的に北海道を出ることが難しくなった。

予定していた長野県白馬に行くことは諦め、
3度目のニセコスキー場エリアでの
仕事に就くことになる。

これまでニセコで2シーズンの冬季を過ごしていた事により、
信頼が得られた為に飲食店での店長を務めさせていただく事に。

昨年度まで働いていたBarにも誘いを受け、
一週間に一度Barでも働き、掛け持ちして働いていた。

(今年店長を務めさせていただいた居酒屋 minamina)

(3年目のBar bloblo)

12月中旬からシーズンが始まり
2月までの 1ヶ月半程は無休で働き通した。

そして面白い事に、
僕が日本一周初挑戦した6年前に
初めて大阪の家に泊めてくれた翔士君が
ニセコへ働きに来ていて、
これまた縁あって同じ職場で働く事になったのだ。
(写真/6年前の当時の写真)
(写真/6年越しの写真)
6年の歳月が経ち、
お互い超ド級のモジャモジャに成長。

6年前あの浜辺で出会った兄さんと
こうして同じ職場で働くことになるとは…。

何がどうなるか、わからんものだ。

そして更に
昨年青森のねぶた祭りでも出会い、
番組に登場した若手旅人のルーキー
「ケツバット日本一周、蛇食いの坂井大雅」も
同じ職場に呼び寄せた。

呼び寄せるきっかけとなったのは、
ニセコへ行く直前。

久々に大雅に連絡すると彼は
四国で自給自足キャンプの挑戦を決行していた。
内容を聞くと
や貝など自分の力だけで採った食材を食べて生活していたらしい。
最終的に雑草を食べ始め、
知らずに毒草を3種類ほど炒めて食べ
嘔吐、下痢などの症状に1週間近く見舞われ
死にかけていた
のだ。

「いやいや(笑)
そんなことやって死にかけてないで
こっち来て働けって!」

そう誘うとすんなりと北海道までやってきたのだ。
よほど過酷な状況に嫌気が刺したのだろう。

そんな愉快な仲間たちと
仕事のハードスケジュールを熟し、
気が付くと今までに貯めた事の無い程の
貯金が貯まっていたので、
雪山に登る為の高価なバックカントリー道具を揃えて
シーズン終わりの時間が空いてきた頃に
雪山登りを始めた。

スノーボードを担いで雪山に登り、
そして頂上からすべり降りるのが
バックカントリースキーと言われるものである。

スキー場の雪山とは違い、
リフトで登るのではなく自分の足で登る雪山登山。
もちろん管理人など、レスキュー隊なども一切居ない。
一人で怪我をしてしまっても誰も助けには来ない。

大自然と自分ただ一人。
他の生物の息を感じさせない静かな山。
ただ一人っきりの静寂の世界である。

雪崩や突然の悪天候などによるホワイトアウトで遭難などの
命を落とす事にもつながるリスクも充分にある雪山だが、
そこに足を踏み入れないと見えない、
感じられない世界がそこにはあった。

 一昨年度前に訪れた洞窟へも足を向けた。
この前は夜中の2時頃に行った為に
真っ暗でその全貌がわからず終いだったからだ。

今度こそはと、
明るい昼間にニョロニョロの洞窟へと向かった。

洞窟の上部から滴る水滴が氷柱 (ツララ)となり、
氷柱になれなかった水滴が地面に落ちて
そこから氷が成長して氷筍(ヒョウジュン)が
地上から上にニョロニョロと伸びる。
これがニョロニョロの洞窟と言われる所以だ。

空いた時間を見つけては、
こうした場所に赴き今年こそ最後であろうニセコで
やり残していた事にケリをつけていった。

そんなこんなをしている頃に
その知らせは届いた。

「…おじいがガンになった。」

沖縄へ初めて行った9年前に
出会った家族からの知らせだった。

20歳の時に沖縄でヒッチハイクをしていた時に
乗せてくれた事がキッカケで出会ったこの家族とは
これまでの9年間で何度も再会しており、
僕にとって大切な存在の家族である。

おじいは2年前沖縄へ行った時も再会しており、
その晩酒を酌み交わして
涙を流しながら僕が家に再び訪ねてきてくれる事を
心の底から喜んでくれた。

そんな、あの元気そうだったおじいが…。

この仕事を終えたら、
おじいに会いに沖縄に会いに行こうか…?
そう考え始めていた。


そろそろ仕事も終わろうかとする春頃だった。

春と言えども北海道のスキー場付近の3月頃では
まだ雪深く何十センチも残り、
気温も夜には氷点下を越す気温だ。

ただ降雪が少なくなり、
今までに降り積もった数十センチもある積雪が
徐々に溶け始める季節なのである。

まだキャンプ生活の自転車旅に旅立つには早すぎる。

仕事を終えて何をしようかと模索している時に
タイミングよく2年前訪れた石垣島でお世話になった
Barのオーナーチャッピーさんから連絡が来た。

(写真/2年前の石垣島 Bar Deepsy)

「1ヶ月とかの短期でいいから、
また石垣島に戻って来て働いてくれないか??」

石垣島かぁ…。

色んな農作業などの話もあったが、
沖縄のおじいの事もあるし、
これを理由に南の島へ行くか。

これがキッカケで南の島へ移動する事を決意。

チャッピーさんに無理を言って
沖縄地方に行った事が無いという翔士君と
共に二人で働きたいと提案。
もちろん人件費が二倍になると苦しいのは
充分承知だったので二人で一人分の給料でいいのでと
お願いすると承諾を得る事が出来た。

そうして6年前に大阪の浜辺で出会い、
初めて家に泊めてくれた兄さんと
二人で石垣島のBarで働く事が決定したのだった。


〜次回、沖縄地方編〜

いつも見てくれてありがとです。
今回もクリックのご協力よろしくお願いいたしますー!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓これ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ


また旅の季節がやってきた。現状報告。

大変長らく更新が滞っておりました。

またいつもの様に下の
応援ボタンクリックよろしくです!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

昨年度から始めた動画の配信。
その続きを更新をしようとは思っていたものの、
北海道ニセコでの仕事が多忙だった為に
なかなか更新出来ずにいた。

そんな冬季の仕事を終えた今、
動画更新しようと手を付けた時、
更なるアクシデントに見舞われております。

それは。

これまでの3年間の旅の記録が詰まったHDDが故障
してしまった事…。

修理屋に復旧をお願いすると
最低でも12万円からの値段が必要らしい。

全く、、
この旅では何をするに当たっても
お金の値が張る問題にぶち当たる運命にある様だ。

最低でも12万円って一体…
上限の金額を聞かされない恐ろしさと言ったら。。。

だが、
今回その失った物と引き換えになる形で
僕は新たな物を手に入れた。

そう。
ドローンである。(Phantom 4plo)

ずっと前から欲しかった念願のドローン!
冬季に集中して稼いだ甲斐がありました。

お値段なんと20万円以上!!

試しに撮影してみると、
自らの力では到底撮影する事のできない角度と視野が映し出す
壮大なスケールは想像を遥かに超えていた。

本年度からはこれを引っ提げての旅が始まる。

そして更に「この旅に付いて行きたい」と
志願してきた20歳のと共に2人での旅路が始まるのだ。

いよいよ3年目になるこの日本一周は
最終章のクライマックス!

盛り上がって参りました!!

6月初旬から相棒と合流して今期の自転車旅を再開予定なので、
また新たな分野の路上販売にて、
このHDD復旧問題を突破させたいと思う。


只今の近況。

今年3月、
ニセコの冬季の仕事を終え、
訳あって仕事の依頼があり一ヶ月限定で石垣島へと渡った。
(その辺は後日更新)

先日その仕事も終え、
只今沖縄地方の島々を渡りながら
自転車を置いている北海道へと戻る。

これから沖縄から鹿児島へ船で渡り、
鹿児島からヒッチハイクで北海道までの日本縦断を行う予定だ。

また、近々更新していく。

以上、現状報告でした。